《ボランティア体験レポート&参加者募集》梅田哲也「わからないものたち」制作

公式ホームページやリリース資料の説明文では、どんな展示になるのか想像がつかない梅田哲也さんの作品ですが、そんな「わからないこと」を期待感に変えて潜入調査しました(見学&作業サポート)。

 

ボランティア作業は、作品制作の進み具合によって変わります。6/30は金市舘ビルでの作業でした。作業の内容は、ズバリ「清掃」。床のモップ掛けと作品の一部となるモノたちの洗浄作業でした。とても単純な作業ですが、作品の下支えになる重要な仕事です。

そして、作業を始めると、何故か夢中になってしまう自分がいました。ケルヒャー、楽しい!

作業に関しては、ゴム手袋や使い捨てのマスクは準備されているので、動きやすくて汚れも良い服装であれば大丈夫です。

 

会場への入口は、金市舘ビルの北西側の角にありますが、関係者用のパスカードがなければ入れないので、会場担当の方に電話をして迎えに来てもらうことになります。

会場担当の方も、色々と親切に教えてくれるので、安心してボランティア活動ができますよ。

 

これから暑くなりますので、体調管理と水分補給には十分に気を付けてください。設営現場でもこまめに休憩の声掛けをしてくれますが、疲れたら自主的に休んでくださいね。

7/3-9は、洗浄した日用品などに細工を施す作業になる予定とのことでした。簡単な電気工作等もあるようです。「りんご」での作業も7月の後半から始まるようです。もちろん、作業の進み具合により変更もあるかもしれませんが、やれることは沢山あります!特別な技術がなくても大丈夫ですので一緒に作業をしてくれる仲間(ボランティア)は募集継続中です。

 

そして、梅田作品の制作ボランティアの楽しみは、札幌市内で貰ってきた廃材や日用品などで新しい空間が構成されてゆく過程を一番近くで観ることができることかもしれませんね。いったん役割を終えた空間やガラクタたちが、新しい光をまとい輝いてゆく瞬間を目撃できる幸運を楽しんでください。

ボランティアセンター成田真由美

============
参加者募集中

【梅田哲也 設営・作品制作サポートボランティア】

▼申し込み方法:
7/14~8/4の期間で、
・お手伝いいただける日時(10:00~21:00の間)
・氏名
・携帯番号
を下記メールアドレス宛てにご連絡ください。

※記載例
7/15(土) 12:00-17:00で活動を希望します。
「氏名」
「携帯番号」申込・問い合わせメールアドレス:siaf.up@gmail.com
担当:雨森/高岩

▼その他
– 報酬、交通費の支給はありません。
– 汚れても良い服装でご参加ください。作業着を持参いただいても構いません。
– 申し込み人数が多い場合、長く参加できる方を優先させていただきます。あらかじめご了承ください。
– 会期中に予定しているイベントは、8/18, 9/23, 9/30です。詳細はまた改めてお伝えしますが、興味のある方は、日程を開けておいてください!

以上、ご不明な点や質問などがありましたら、上記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

みなさまのご協力をお待ちしています!

SIAF公式サイトより