ボランティア通信

【ボランティア大集合】9/30(土)モエレ沼でのSIAFクロージングイベント、大風呂敷の敷き&畳みをみんなで!

 
8月6日から10月1日まで開催されてきた札幌国際芸術祭2017もいよいよ残すところわずかとなりました。
来る9月30日(土)にモエレ沼公園でSIAF2017クロージングイベントが開催されます。※雨天時翌日延期
会場を彩るたくさんの大風呂敷、そしてその上では大友良英さんを中心に音楽解放区や
オーケストラが展開、また滞在しているアーティストなども来場する予定です。
会場には、これまで作られた全ての大風呂敷を広げる予定です。
これまでに見たことのないほどの枚数がモエレ沼公園に敷かれます
このプロジェクトには、たくさんのボランティアのみなさんの協力が必要です。

ぜひSIAFのフィナーレに皆さんのお力をお貸しください。

たくさんのご参加をお待ちしております!
▼活動時間
10:00~大風呂敷敷き込み作業
15:30頃~大風呂敷畳み作業
※作業時間以外はイベントに参加して楽しんでいただいて結構です
※活動時間の目安1時間弱です、作業人数によって早く終わるかもしれません
▼集合場所
9:45までにガラスのピラミッド内売店付近に集合
【雨天の場合は10月1日(日)に延期】
※実施決定に関して
開催前日9月29日18時及び当日9月30日朝8時に開催決定もしくは中止を公式ウェブサイトとSNSで告知します。9月30日が延期になった場合は、9月30日18時、10月1日朝8時に開催決定もしくは中止を公式ウェブサイトとSNSでご報告します。

▼持ち物
動きやすい服装
金槌をお持ちの方は、当日持参してください。大風呂敷を芝生に固定するペグを打つために使用します。雨具、防寒着など適宜判断ください。
会場周辺に飲食店等が少ないため、昼食をご持参ください。

▼注意事項
開場までの交通費等は自己負担
通常ノベルティ(パスポート・パスケース)の配布はありません。
▼当日緊急連絡先
山岸:090-7414-6210
アサノ:080-5741-6289
———————-
▼クロージングイベント詳細
SIAF2017クロージングイベント
モエレ沼公園 音楽&アート解放区~大風呂敷を、広げて、たたんで~
Music&Art Set Free in Moerenuma Park
日時:2017年9月30日(土) 10:00-20:30【雨天の場合は10月1日(日)に延期】
会場:モエレ沼公園
装飾:札幌大風呂敷チーム×プロジェクトFUKUSHIMA!
参加無料
(但し、ガラスのピラミッド内の芸術祭展示室の入場にはSIAFパスポートもしくは個別鑑賞券が必要です。)
主催:札幌国際芸術祭実行委員会 / 札幌市

・タイムスケジュール(予定)
10:00~ 大風呂敷を広げる
12:00~
・音楽 & アート解放区(出演アーティスト、パフォーマー募集)
・クロージングライブ
出演:大友良英、音遊びの会、立花泰彦、テニスコーツ、長見順、パーカパッションアンサンブル 他
・オーケストラSAPPORO 2017 final!( 参加者募集)
15:30~
大風呂敷をたたむ
17:30~
クロージングナイト in ガラスのピラミッド
19:00
終了予定

・実施決定に関して
開催前日9月29日18時及び当日9月30日朝8時に開催決定もしくは中止を公式ウェブサイトとSNSで告知します。9月30日が延期になった場合は、9月30日18時、10月1日朝8時に開催決定もしくは中止を公式ウェブサイトとSNSでご報告します。

・イベント概要

SIAF2017のクロージングイベントとして、メイン会場であるモエレ沼公園で、「音楽&アート解放区」を開催します。

芸術祭の開催に先駆けて2015年からスタートした大風呂敷プロジェクトでは、多くの布と糸が市民の皆さんから提供され、それを札幌大風呂敷チームを中心に、多くの参加者が風呂敷として縫い合わせました。モエレ沼公園ではこれまで作られた全ての大風呂敷を広げ、これまでにないほどの枚数が敷かれる予定です。

そして、大風呂敷の敷かれた会場内の至る所で多数の音楽家、詩人、パフォーマー達がプロ・アマチュアを問わず、同時多発的に様々な表現を行います。観客は会場内を自由に歩きながら、多彩な表現を楽しみながら「発見」します。

【募集】9/23・9/24アジアンミーティングフェスティバル運営サポートボランティア募集

アジアンミーティングフェスティバル札幌でのイベント運営サポートボランティアを募集いたします。

日本とアジアのミュージシャンをもっと交流させたいという思いから、大友良英が2005年に始めた「アジアン・ミーティング・フェスティバル」。2014年からは「アンサンブルズ・アジア」の一部門として、シンガポールのユエン・チーワイと香港在住の dj sniff がキュレーションに加わり開催。実験音楽・即興音楽・ノイズの分野におけるアジア有数のフェスティバルとして知られています。2017年もアジア各地からアーティストが来日し、福岡、京都、仙台での公演を経て札幌で一大フィナーレを迎えます。

事前申し込みは既に定員となっており一般での参加申し込みは終了していますが、
イベントサポートをしながら会場の空気を少しでも肌で感じることができるかもしれません。

イベント詳細はこちら
http://siaf.jp/projects/ea-amf
▼活動内容
受付(チケット確認)、会場案内および誘導などのサポート
▼場所
札幌芸術の森大練習室
▼活動時間
①9月23日 15:30~18:00ごろ
②9月24日 13:30~16:00ごろ
▼集合時間・場所
①9月23日 15:15
②9月24日 13:15
札幌芸術の森大練習室入口付近に上記時間までに集合してください。
▼募集人数
各日4名
▼持ち物
特にありません
▼当日緊急連絡先
阿部:090-5982-2001
※当日の欠席、集合時間に遅れる際はご連絡ください。

【更新!】9/24(日)再度活動します。札幌駅北口にてアンケート&簡単なガイド活動募集のお知らせ

皆さんこんにちは、ボランティアセンターより活動募集のお知らせです。

9/17に開催した活動ですが、9/24に再度開催いたします。

初めての方でも参加していただける簡単な活動です。

下記ご確認の上、興味を持った方は気軽にお申込みください。


札幌駅北口にて来場者へのアンケート&簡単なガイド活動

▼活動内容
JR札幌駅から乗れる芸術の森とモエレ行きの会場連絡バス発着場にて
バス待ちの来場者に簡単なアンケートと簡単な会場情報の提供を実施します。
(バス発車前の時間で実施、10:00、11:00、11:45、13:20、14:00)
モエレ、芸術の森会場に行ったことがある人におすすめです。

▼活動場所・時間
場所:札幌駅北口(鐘の広場)
日時:9月24日(日) 9:45~14:00まで

▼集合について
JR札幌駅北口「鐘の広場」に9:30集合

▼定員
3名

▼持ち物
特になし
バスとバスの間で待ち時間があります。
本など時間をつぶせるものがあるといいと思います。

▼申し込み
マイページの「募集中の活動」からお申込みください。

SIAFたんけん隊(何かやり隊改)まなび隊企画 「SIAFコンシェルジュ」の募集

SIAFたんけん隊とは「より深くSIAFを知り、自由な発想で新たなボランティア活動を考え実践する活動」を行うために、自分たちの活動を自分たちで決めることから始めました。6-7月にミーティングを重ねた結果、活動の目的に応じて「まなび隊」「つなげ隊」のふたつのボランティアチームを作りました。今回は「まなび隊」企画の「SIAFコンシェルジュ」活動募集のお知らせです。

SIAFコンシェルジュとは、自らSIAFを学び、その吸収した知識と個人的なスキルも活かしたSIAF会場でのパーソナルサービスを行うSIAFボランティアのことです。

SIAFコンシェルジュは、会場内を自由に動き回わり(いわゆる監視業務ではありません)、会場の枠にも囚われず、時には会場外へのご案内も行うことが可能な自立したボランティア活動(SIAFコンシェルジュ・サービス)を行います。市外からの来場者には、地元の住人であるアドバンテージも有効に活用してください(道案内、個人的なグルメ情報、簡単な観光、お土産情報等)。

 

▼活動内容
SIAF2017に関して、他会場などの簡単な紹介(道案内などを含む)、来場者から依頼があった場合は一緒に他会場への同行も可能。
札幌に関しての簡単な紹介(道案内、個人的なグルメ情報、簡単な観光、お土産情報等)。
必要に応じて、作品ガイドも行う(『Intention and substance 』鑑賞ガイドを参照)。

 

▼活動場所・時間
会場:北専プラザ佐野ビル 5階(札幌市中央区南5条西3丁目2)
《Intention and substance》
時間:13:00 – 20:00の間で活動可能な時間を備考欄に記入してください

▼定員
1日3名程度

▼持ち物
SIAFコンシェルジュネーム
必要資料等(ボランティアセンターにてお渡し)

▼その他
事前にボランティアセンターにて、SIAFコンシェルジュネーム、資料(SIAFコンシェルジュ活動に関して、『Intention and substance 』鑑賞ガイド)をお渡しします。活動前に、お立ち寄りください。返却不要ですので、ご自身で管理してください。
※初回の場合、ボランティアセンターで注意事項など簡単なレクチャーを受けていただきます。

▼活動前に、SIAF概要勉強会(7/24、講師:細川麻沙美)の映像を見て、SIAFコンシェルジュとは何かを一緒に考えてみてください。

▼申し込み
マイページからログインしてお申し込みください。

SIAFたんけん隊(何かやり隊改)まなび隊企画「SIAFコンシェルジュ」個別勉強会のお知らせ

SIAFたんけん隊とは「より深くSIAFを知り、自由な発想で新たなボランティア活動を考え実践する活動」を行うために、自分たちの活動を自分たちで決めることから始めました。6-7月にミーティングを重ねた結果、活動の目的に応じて「まなび隊」「つなげ隊」のふたつのボランティアチームを作りました。今回は「まなび隊」企画の「SIAFコンシェルジュ」個別勉強会のお知らせです。

今回のSIAFコンシェルジュでは北専プラザ佐野ビル5階《Intention and substance》での活動を予定しています。

SIAFコンシェルジュとは、、、、
ひとつの会場に縛られない動くガイドボランティア(コンシェルジュ)として来場者へ情報提供を行う予定です。
例えば来場者から案内の要望があれば近隣の会場まで同行することもできます。

端聡氏には、SIAFコンシェルジュの趣旨に共感していただきご協力をいただいております。今回もご多忙の中お時間を割いていただき、ボランティアのための現地勉強会の開催となりました。また、9月15日(金)19:00から端聡×港千尋(写真家・あいちトリエンナーレ2016芸術監督)のトークイベント(有料)もあります。
詳細はSIAF公式ホームページにてご確認ください。こちらも合わせてご来場いただけると更に鑑賞の幅が広がるかと思います。

 

<現地勉強会&鑑賞ツアー@北専プラザ佐野ビル>

 

5階鑑賞後に地下1階へ移動して、DOMMUNE展示「DOMMUNE SAPPORO!」と「札幌の三至宝」を鑑賞します。
5階ではアーティスト端聡氏がボランティアのために《Intention and substance》を解説します。
地下1階では札幌国際芸術祭 コーディネーター冨田 哲司氏が解説します。
展示作品を深く理解する絶好の機会となります。

 

日時:2017年9月9日(土)13:30~15:00頃
会場:北専プラザ佐野ビル(札幌市中央区南5条西3丁目2)
集合:5階受付前 → 解散:地下1階
*受付にてパスポートもしくは、まちなか会場共通券の提示が必要です。ご自身でご用意ください。

◇スケジュール
13:30-14:10 《Intention and substance》端聡氏による解説と作品鑑賞
14:10-14:20 休憩&地下1階へ移動
14:20-15:00 「DOMMUNE SAPPORO!」「札幌の三至宝」富田氏による解説と鑑賞

 

・端聡プロフィール
1960年北海道岩見沢市生まれ。札幌市在住。札幌を拠点に活動する美術家。1995年ドイツ学術交流会DAADの助成によりドイツに滞在して以降、国内外で多数の個展、グループ展で発表。SIAF2014では地域ディレクターとして企画に加わる。主な展覧会として、「ブダペスト国際彫刻絵画ビエンナーレ’96」(Vigado Galleryほか3会場、ハンガリー、1996年)、「VOCA展’96ー現代美術の展望・新しい平面の作家達ー」(上野の森美術館、1996年)、「Anstiftung zu einer neuen Wahrnehmung」(ブレーメンヴェーザーベルグ現代美術館、ドイツ、2001年)、「グローバル・プレイヤーズー日本とドイツの現代アーティスト」(Ludwig Forum美術館、ドイツ、2006年)、「鏡面-中日現代美術交流展-」(Renke Arts Center、中国、2012年)、「GNG HOKKAIDO 2014 光州・北海道特別交流展」(光州国立博物館、韓国、2014年)、あいちトリエンナーレ2016など。2004年、札幌文化奨励賞を受賞。2012年、北海道文化奨励賞を受賞。

 

◇北専プラザ佐野ビルの展示情報

会期 8月6日(日) – 10月1日(日)
時間 13:00 – 20:00
休館日 月曜 *9/18(月・祝)は開館
5階
・《Intention and substance》 端 聡
地下1階
・DOMMUNE UNIVERSITY OF THE ARTS THE 100 JAPANESE CONTEMPORARY ARTISTS season 5(略称:DOMMUNE SAPPORO!)
・札幌の三至宝 アートはこれを超えられるか!(企画:上遠野 敏)
・「レトロスペース坂会館別館&大漁居酒屋てっちゃんサテライト&北海道秘宝館:春子」

▼参加申込受付中
ボランティア登録していただき、マイページから簡単に参加申込を行えます。
登録方法など詳しくはこちら

 

8/26(土)ボランティア交流会「ボラBAR2017 出会い」開催します!

SIAF2017開幕から約2週間経ちましたが、SIAFボランティア交流の場として
今回、交流イベントを企画いたしました。

ボランティアセンタースタッフが札幌市資料館を飛び出し
SIAFオフィシャルBAR「OYOYO(中央区)」で皆さまをお待ちしております。

初めましての方大歓迎。
会費なし、持ち込み自由、入退室自由のとても気軽なイベントですので、
ぜひお越しいただければ嬉しいです。
当日はデッキにてBBQスペース(焼き場)も予定しています。

ボランティアセンターらしく?ポットラック(食べ物持ち寄り)形式でお願いします。
簡単な料理や、少量でも構いませんので、可能な方は持ち寄りにご協力いただけると幸いです。

持ち寄った料理を1箇所に並べ、そこに集まる皆様の間に、
垣根を超えた交流が生まれることを楽しみにしています。
みんなでワイワイ楽しく交流しましょう!

イベント名:SIAFボランティア交流会「ボラBAR2017 出会い」

日時:8/26(土) 19:00~22:30閉店まで

場所:SIAFオフィシャルバー「出会い」at OYOYO

住所:札幌市中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル 6階 ※東急ハンズの西2軒隣ビル

※飲み物はBARでご注文ください

SIAF2017 ボランティア 学生部スタートに向けて準備中です!

学生の皆様!

一部の学生ボランティアからもご要望があった、
「SIAFボランティア学生部」の結成に向け現在準備をしています。

興味のある方は、まずは下記概要をチェックしてみてください!

リーダー:串間・岡崎

【創設目的】
SIAF は三年おきに開催され、開催年には催し物の多い札幌の中でも特に大きなイベントとなっています。会場の数もとても多く、会期も長いため多くの人手を必要としており、ボランティアの存在がとても重要となるイベントの一つです。

そのボランティアの中でも『学生』は人数も多く、その分ボランティアに占める比重も大きい存在となっています。しかし、今まで SIAF には『学生』を取りまとめるような組織が無かったため、学生同士の交流も盛んとは言えませんでした。よって SIAF が終わった後は学生ボランティア同士の関係性も自然に消滅してしまっていました。

そんな以前までの状況に終止符を打ち、学生同士の交流をもっと深めていくために、学生の力を結集させて SIAF をより良いものとするために、ボランティア学生部を創立しようと考えました。

 

【活動内容】

◇お助け活動

・学生であることのメリットを生かし、人員不足等で困っているボランティアへ文字通り『お助け』をしに行く。

◇学生ミーティング

・SIAF 運営や事務局、他のボランティアの『大人』には無い『学生』目線で、SIAF をより良くしていくための意見を出していく。

・学生ならではのフットワークの軽さとアイデアで、みんなで出した提案を実行していく。

 

参加の方法や活動スケジュールなどを現在準備中です、近日中に追ってご案内いたします。
ぜひ興味をもっていただき、たくさんの学生たちの参加をお待ちしています!

また進展がありましたら、報告いたします。

SAIFたんけん隊(何かやり隊改):まなび隊「アイヌってどんな?」レクチャーのお知らせ

知っているようで実はあまり知らないアイヌのお話。

ボランティアやスタッフとして動く時に知っていて便利な知識や、一緒に遊べる遊び、みんなで出来るウポポなど、芸術祭の間だけではなく、今後も何かと活用出来る様々な情報を共有していきましょう。

レクチャーを受けるだけではなく、自分の中の「こんな事知ってる!」、「知りたい!」、「どうして?」をメインに全員で話し合い、普段は不躾に感じて聞けないような事でもどんどん口に出して理解と学びを深めよう。

 

日時:2017年8月16日(水) 18:00-20:00

会場:札幌市資料館2Fボランティアセンター(中央区西13丁目)

講師:マユンキキ(マレウレウ)

参加費無料

【申込方法】
ボランティア登録後、マイページから簡単に登録可能です。登録はこちらから

 

 

<レクチャー内容例>

○色々出てくるアイヌへのへんてこ質問「鮭を捕って山で暮らしてるんでしょう?」

○実はあちこちに溢れているアイヌ語「乾いた大きな川って知ってる?」

○何がどう違う?「アイヌ人ってなに?」

○理に適ってるものが多い?「アイヌの遊び」

○声を出すのって実は大事「みんなでウポポを歌おう!」

○どうすればもっとアイヌの事が知れるの?にお答えします「まゆんおススメ書籍」

主催:ボランティアセンター「SAIFたんけん隊:まなび隊チーム」

協力:コタンぺップロジェクト

https://www.kotanpet.com/

 

《ボランティア体験レポート》伊藤隆介「長征―すべての山に登れ」設営

不燃ゴミと公共残土を積み上げ造成された人工の山であり、札幌市東区唯一の山として近隣住民に愛されているモエレ山に、処分される予定だった廃棄自転車が登ります。

とは言え、自転車が自力で登ってくれるわけもなく、人力で1台ずつ運ぶのです。麓から山頂までは52m。10階建てのビルぐらいの高さがあります。エレベーター生活の私には途方もない高さです。

ところが、当日に公園管理の方が作業機械で山頂まで自転車を運んでくれることになり、私たちボランティアは設営のための準備に専念することができました。こうして、沢山の方の協力で作品が作られていくんだなぁと嬉しくなる(自転車を抱えての登頂をしなくて良くなって喜んでいるわけではないですよ!)。

 

この間に私たちは設営機材の振り分けをし、伊藤さんから設営方法のレクチャーを受けて、麓のベースキャンプからアタック開始となります!

 

 

ふたりペアでの設営作業レクチャーの様子。電動ドリルは扱いに慣れた人が使います(簡単なんだけどね)。準備作業は、体力温存のために日陰で行います。子供たちの遊ぶ声を聞きながら、心地よい風に吹かれながら気持ちのよい作業でした。

 

 

山頂付近に散乱した自転車たち。いよいよこの子達を自立させますよー!ボランティアも一緒に2日間で作り込んでいきます。

写真は1日目の様子、2日目も更に自転車を増やします。完成したら、どんな風に見えるのだろう…楽しみです。

 

…と、ここで私はタイムアップ。午後の市電プロジェクトサポート説明会に備えて、涙を呑んで資料館へ戻ります。

本丸を攻められなかったのは、ちょっと…、いや結構本気で悔しいので、会期中に自分の自転車と作品を一緒に写真に収めることで晴らそうと目論んでおります。

 

帰り際にガラスのピラミッド前庭では噴水が気持ちよく噴き出しているのを目撃。ここでも、子供たちが大喜び。

この屋内スペースでは、大友良英+青山泰知+伊藤隆之による百台以上もの中古のレコードプレーヤーを使用した作品《without records》の新作モエレ沼公園バージョンと、松井紫朗によるバルーン状の彫刻作品が発表されます。…と言うか、既に見えてます(笑)

ボランティアセンター 成田 真由美

 

【コタンペップロジェクト】7/17ボランティアミーティングレポート!

こんにちは。コーディネーターの冨田です。

7月17日に、円山パークセンターで第1回目のボランティアミーティングを行いました。

この日は、まず最初に、どんなプロジェクトなのか全体の話しをして、建築家の五十嵐さんに、今回の空間デザインについて話しをしてもらいました。

 

その後は実際にプロジェクトを展開する円山公園内を探索し、実施に向けて、参加者のみなさんの疑問・質問や意気込みをお聞きしました。

 

 

最後に今回プロジェクトの象徴でもある「クチャ」をモチーフにしたテントの試作品をみんなで組み立てて、改善点などアイデアを出し合ったり、会期中どんなことが想定されるのか?などあーでもないこーでもないとても盛り上がりました。

 

22日は同じ内容でミーティングとアナウンスしていたのですが、SIAFバンドメンバーでプロジェクトのアイヌ文化アドバイザーであるマユンキキ氏が来てくれます。 え?待って!そもそも「クチャ」って何?ってところからまた一歩深いお話が聞けるかも?

 

ピンと来た方は奮ってご参加くださいね。

 


【コタンペップロジェクト】ボランティアミーティング参加者募集

コタンペップロジェクトとは鑑賞者がクチャ(アイヌの仮小屋)をモチーフにしたテントを自分自身でしつらえることで、その時々に変化するコタン(村)が出現します。そのほかにもアイヌの食や遊びをテーマにしたワークショップや、その世界観を掘り下げるツアーやトークなどを予定。プロジェクトの広報、運営などについて一緒に考え、会期前、会期中ともに手伝っていただける方を募集いたします。

■内容
コタンペップロジェクトの勉強会です。プロジェクトの広報、運営などについて一緒に考え、会期前、会期中ともに手伝っていただける方はぜひご参加ください。

■開催日
7月22日(土)
ゲスト:マユンキキ

■時間
10:00-12:00

■集合時間・集合場所
10:00円山公園入り口円山パークセンター(円山公園管理事務所)(荒天時はパークセンター内のみで行います。)

■定員
15名

■注意事項
多少の雨なら屋外で説明をしますので、雨具などお持ちください。